社会福祉法人 悠生会のスタッフブログ

カテゴリ: 悠生園デイサービスセンター

IMG_4740





IMG_4733
悠生園デイサービスセンターです


本日は、悠生園デイサービスセンターで『いきいき健康教室を開催いたしました
今回のテーマは『血圧について』でした
自分の血圧の変化の記録を行うことができるようになることで、自分の体調の変化を感じとれるようになっていただければといった目的と願いを込め開催しました。

デイサービス看護師越後(えちご) と一緒に血圧についての知識を学びました。

≪今回の教室の内容は次の通りです
①高血圧ってどこから?
②血圧が高いと結局どうなるの?
③高齢者の血圧の変化、変化を小さくさせるためのコツ
④血圧手帳の説明
⑤血圧を実際に測って記入してみよう
⑥質疑応答

利用者の皆様、メモをとったり、血圧手帳を記入する時には利用者様同士教えあったりと、おいしい紅茶も飲んで頂きながら、大好評の声を頂きました
今後、利用者様だけでなく、地域の皆様にも参加いただけるようなイベントもどしどし計画してまいります

『血圧手帳』の提供協力:薬局クオラス様 ありがとうございました

Clip to Evernote


こんにちはサテライトです(。・ω・)ノ゙

広報誌には掲載していたのですが、
数か月前より利用者様と取り組んでいた一大プロジェクトが完成いたしました

それがこちらですジャーンv( ̄∇ ̄)v

IMG_3006



ペットキャップで作った「富士山と花」です

見えずらいときには少し離れてみるか、目を細~くしてみてみてください


ペットボトルキャップを集めることから始め、
設計図を作り、模造紙に一個一個丁寧に貼り付けていくこと数カ月・・・
絵が完成した後は所長が黄金の額縁を手作りして
ついについに完成しました


写真の右下にペットボトルを置いていますのでどれほどの大きさか想像してください

利用者様からも「こげな立派なものは早く飾らんね」
「みんなで作ったけんよかとができたね」と好評です

是非一度見に来てください









Clip to Evernote

こんにちは!大城サテライトです(*^・ェ・)ノ

節分から一週間たち今更感もありますが・・・

先週サテライトで行われた「節分大祭」の様子をお届けしますv( ̄∇ ̄)v


それは先週のことじゃった・・・
サテライトの利用者様が鬼退治用の「豆」を準備して待っていると…
IMG_2880



なんと福の神(男)が鬼たちに追いまわされているではありませんか!!
IMG_2915

こともあろうに鬼たちは利用者様にも厄をつけようと襲いかかってきました!!ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!
IMG_2918
IMG_2900

しかし!利用者様は落ち着いて持っていた「豆」を力一杯鬼に投げつけました!!

IMG_2898

鬼が倒れようとも容赦はしません!!

IMG_2897

投げる!
ぶつける!!
たたく?


IMG_2941

鬼は「痛い!本当に痛い・・・」と言ってサテライトから去っていきましたw(゚o゚)w オオー!


助けてもらった福の神(男)は皆さんにお礼を言って皆さんに福をもたらして帰っていきましたとさ
IMG_2947

おしまい








Clip to Evernote


こんにちはサテライトです

今朝起きてカーテンを開けると一面の雪景色(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

サテライトは営業できるのだろうか?!
ドキドキして出勤しましたが………大丈夫でした

一面真っ白でしたけど
DSC_0021
DSC_0022

利用者様もほとんどの方が、休むことなく来てくださいました
(本当にありがとうございます!)

大野城市一標高の高いデイサービス(自称)
自慢のお風呂からは雪景色の大野城市が一望でき、
皆様いつもよりゆっくりとお風呂を楽しまれていました
DSC_0028

写真が暗くてすいません・・・

DSC_0026

眼下に広がる大野城市!
いつでもお殿様気分です
DSC_0023

お昼過ぎには溶けてしまっていたので少し残念でした

Clip to Evernote

こんにちはサテライトです(。・ω・)ノ゙


17~19日の3日間大野東中学校の2年生が職場体験に来てくれました(=゚ω゚)人(゚ω゚=)

IMG_2829

初日はもじもじしていましたが、利用者様から話しかけられしばらくお話しすると
すぐに打ち解けたようでした.。゚+.(・∀・)゚+.゚

最終日には学生さんが中心となってレクリエーションを行ってくれて

なんと!賞品まで作ってくれていました

皆さんとても喜ばれていました

学生さんに実りの多い実習になったのならうれしいです

Clip to Evernote

このページのトップヘ