社会福祉法人 悠生会のスタッフブログ

2016年10月

IMG_1915
DSCN2492
DSCN2497
IMG_1938
DSCN2498
10月27日(木)に、『こまクラブ』様による、とても素敵なハーモニカ演奏が開催されました
歯ブラシで歯を磨いているように見えるのに、ハーモニカの音が(つд⊂)ゴシゴシ 
w(゚o゚)w オオー!っと驚くマジックのような演奏からスタート
とても素敵な演奏に、皆様懐かしそうに歌を口ずさまれていました
中には感動で涙される方も

又、『こまクラブ』様に加え、地域にお住まいの『れんげ会』の皆様もボランティアにお越しくださり、
利用者の皆様もお話や歌を、より楽しめたのではと思われます
いつも本当にありがとうございます

悠生園大城サテライトのデイサービスや中デイサービスの方々もお越しくださり、大変盛り上がりました♪
また、イベントを開催する場合は、こちらのブログからも情報発信できればと思っています♪♪

本当にありがとうございました(●´ω`●)


Clip to Evernote

IMG_0993


IMG_0999
IMG_1003
  
  水城のコスモス見物に行ってまいりました!
  実は、黒板に「コスモス見学」と書いていたら、利用者様から「見学じゃなくて見物やろう」とのご指摘が…。なるほど、確かに見に行くだけなので、「見物」が正しいですね。改めて、日本語の難しさと利用者様の見識の広さに感じ入った次第です。
  さて、見物は月曜日と水曜日の2日行きましたが、水曜日はあいにくの雨で、車からの見物になりました。コスモス畑が見えると、皆様「うわあっ」と歓声を上げておられました。私たちが皆さまに携われる時間は、美しいものを見たり、楽しいことをして過ごしていただきたいと思っています。
  いつも、豊かな時間をありがとうございます。
  
Clip to Evernote

 10月19日(水)、20日(木)、21日(金)、今年も運動会を行いました。
 昔、とある登山家は「なぜ山に登るのか?」と問われ、「そこに山があるから」と答えたそうですが、うちのデイサービスの利用者様に「なぜ、運動会で頑張るんですか?」と尋ねると、恐らくは、こういう答えが返ってくるのではないでしょうか。
 「なんか、頑張らんといけんごたぁる気がして」 。
 
 BlogPaint
BlogPaint
IMG_5341
IMG_5362
IMG_0437

 IMG_0968
 
 そう、うちの先輩方は、根が真面目、そして、努力家です。おまけに…ここが重要ですが、皆様、負けず嫌い。 勝敗が関わると目の色が変わります。これは、普段のレクリエーションでもそう。チームの勝敗が関わると、皆様普段どこに隠しているの?というぐらいの力を発揮されます。

 けれどもいいのは、皆様あっけらかんとされていること。
 勝ちに行きたいけれども、勝ち負けにはこだわらない。そんな皆様方に支えられて、私たちは 毎日、楽しく仕事をさせて頂いています。これからも、皆様がお元気に、楽しく過ごされますよう、職員一同願っています。

 今日も一日、ありがとうございました! 
Clip to Evernote

サテライト10月の壁紙が完成しました

IMG_2099




タイトルは「秋の志賀島から博多を見る!!」です(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

「なぜ鹿?」と思われた方、その答えは、志賀島(しかのしま)だけに「鹿」がイッパイ…Σ( ̄ロ ̄|||)

…すいません、ダジャレです

IMG_2023


IMG_2022

今月も皆さん心を込めて作りました!
感想待ってマースv( ̄∇ ̄)v



Clip to Evernote

 CIMG4433

 中央デイサービスでは、POLAの方がボランティアで、月1回程度来て下さり、利用者様のハンドマッサージとネイルをして下さいます。
 年齢を重ねた手は、皮膚が薄くなり、乾燥しやすくなりますが、クリームを使って優しく丁寧にマッサージして頂くと、肌が柔らかくなり、とても気持ちいいとのこと。「手当」という言葉がありますが、他人の手で、やさしく触れられるのは、それだけでも、癒し効果があります。
 丁寧にマッサージして頂いた後は、綺麗にネイルもして頂き、気分も少し変わるようです。年配の方は、赤い色はあまり好まれないので、POLAさんも、定番延樹形や、ピンク系、オレンジ系を選んで持ってきてくださいます。利用者様が、喜ばれて、桜貝のようにきれいになった爪をカメラに向かって見せて下さいました。
CIMG4431
CIMG4435

 「昔はこんなに爪まできれいにしてましたよ」とのお言葉。いまでも姿勢もしゃんとされて、お綺麗です。
職員も皆様に負けないように、頑張ります!



  
Clip to Evernote

このページのトップヘ